Sugiyama 人間になろう

椙山女学園大学 人間関係学部ブログ

>> Home

人間関係学部のシドニー研修の写真を発掘しました

| トラックバック(0)
私たちの学部では、1998年以来、毎年8月、オーストラリア連邦シドニー市にあるウィメンズ・カレジ(シドニー大学)にて、短期研修を行っています。今年は、残念ながら、新型インフルエンザのために、椙山女学園大学のすべての海外プログラムが、少なくとも9月までは実施しないことが決定されてしまいました。本学部のシドニー研修も中止となってしまいました。大変、残念なのですが、来年は、気分一新、ぜひ実施したいと思います。

さて、先日、学部の資料庫で、海外研修の資料がみつかり、写真がでてきました。その写真にちなんで、いくつかのエピソードをご紹介しましょう。

発見された一枚の写真がここに掲載したものです。ここに写っているのは本学の卒業生、川上志野さんです。彼女の携帯電話にメールを送って、写真が見つかったと知らせました。すると、ロンドンから返事が来ました。彼女は、昨年から、ロンドンに語学留学中で、この9月に演劇学校に進学すべく、準備中とのことです。がんばっていますね。彼女からのメールは別に紹介します。

19990827Shino_web.jpg1999年の修了式は、校長のクウェンティン・ブライス先生のご出席のもと、執り行われました(写真)。
なお、もう一人いっしょに写っているのは英語担当のパメラ・ライリー先生です。パメラは、数年前、引退してしまい、われわれのプログラムから離れてしまいました。残念です。

さて、実は、ブライス先生はその後、オーストラリア総督に就任されたのです(2008年9月)。
オーストラリア総督とは、国家元首であるエリザベス二世陛下(オーストラリア憲法は、イギリス国王を国家元首としています)の名代として、オーストラリアに常駐するポストで、いわば、オーストラリアの国家元首(代行)という訳なのです。ブライス先生は法律家で、女性差別撤廃運動などにも関わり、大学や行政にも手腕をふるってこられました。そうした業績をふまえ、オーストラリア初の女性総督として就任されたのです。

本学部の海外研修先のウィメンズ・カレジは、1881年にシドニー大学のキャンパス内に設立された女性のためのカレジです(シドニー大学は1850年設 立)。 オーストラリアのカレジというのは、たとえば、イギリスのオックスフォード大学やケンブリッジ大学における多数のカレジと同様に、独自の教員組織とカリ キュラムを持つ全寮制の教育体制ととして発足しました。現在は、そうした機能は持たなくなりましたが、それでも、教室や図書館、ホールなどをもつ学寮として、現在も 多数の女子学生が所属して、シドニー大学で学んでいます。

クウェンティン・ブライス先生のプロフィール(英文)
第25代オーストラリア総督の宣誓式(英文)
ウィメンズ・カレジのウェブページ(英文)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.hs.sugiyama-u.ac.jp/blog_hs/cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/50

pagetopへ戻る

最近のブログ記事

アーカイブ

その他お知らせなど

椙山女学園大学 人間関係学部 日進キャンパス画像
椙山女学園大学 人間関係学部
〒470-0136 日進市竹の山3-2005 TEL(0561)74-1186(代) FAX(0561)73-4443
(c)2009 School of Human Sciences, Sugiyama Jogakuen University
Powered by Movable Type