Sugiyama 人間になろう

椙山女学園大学 人間関係学部ブログ

>> Home

2017年10月アーカイブ

10月19日(木)の「ソーシャルワーク論B」(手嶋雅史准教授担当)の授業において、障がい児の発達支援や障がいを持つ方の就労、日中活動を支援する事業を行う法人で活躍する熊谷かの子さん(社会福祉法人あさみどりの会 わらび福祉園 施設長)にお越しいただきました。

熊谷さんからは、法人の事業内容とともに、支援には正解はなく難しい部分もありますが、利用者の幸せを考え、その実現に直接かかわれ、互いの絆が感じることができる福祉の仕事の素晴らしさ、厳しさについてお話しがありました。また、熊谷さんの所属する事業所に就職して5年になる椙山の先輩のメッセージも伝えて下さりました。ソーシャルワーカーを目指す1年生たちは、将来、福祉の分野で働く自分の姿をイメージすることができたのではないかと思います。

相談援助の基盤と専門職-thumb-350x262-1313.jpg

pagetopへ戻る

10月7日土曜日に、国際コミュニケーション学部棟にて、第二回椙山女学園大学学内ディベート大会が開催されました。人間関係学部の学生、吉田あけみ教授、種橋征子助教と全国教室ディベート連盟東海支部のスタッフの計36名でスマイルディベートを楽しみました。

 午前中の入門講座では「日本は、すべての大学を共学化すべきである。是か非か。」という論題のミニゲームをしたのち、大会論題の「日本は、ペットの同伴出社を認めるべきである。是か非か。」のモデルディベートを聴き、フローシートの書き方を学びました。昼食をとりながら午後の試合の準備をし、午後は、それぞれのチームが肯定側と否定側の両方の試合を経験しました。

 優勝・準優勝チームの表彰のあと、各ブロックからベストディペーターが選出され、3名のベストディペーターにも記念品が贈呈されました。

 特に社会福祉士を目指す学生にとって、「相談援助」のための聴く力の向上に大変役に立つ学びの一日となりました。

ディベート1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディベート2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディベート3.JPG

pagetopへ戻る

男女共同参画社会の実現に向けて「わたしが暮らすなら、こんな男女共同参画社会」をテーマに、「こんな社会になったらいいな」という思いをはがきに表現した作品で、人間関係学部1年の中田真衣さんが、優秀賞を受賞しました。

『社会』(吉田あけみ教授担当)の授業の「ジェンダーとセクシュアリティ」の学習の一環などとして、計200名ほどが参加した中で、中田さんの作品が選ばれました。応募総数1111名の中から最優秀・優秀の10名が選ばれたうちのひとりです。

来年度の学生たちの学習の励みにもなると思います。中田さん、おめでとうございました。

pagetopへ戻る

10月1日(日)、星が丘キャンパスにて、2017秋季ディベート交流会(全国教室ディベート連盟東海支部主催・椙山女学園大学協賛)が開催されました。「日本は、ペットの同伴出社を認めるべきである。是か非か」という論題で、東海・近畿・関東地区の小学生から社会人まで、120名ほどが参加し、熱心に議論を戦わせました。 名古屋高校の一年生らで構成されたチームが優勝し、あつい戦いは幕を閉じました。論題にちなんだ犬の箸置きや猫のぬいぐるみ等の副賞を手に学生たちは岐路につきました。今週末10月7日(土)には、椙山女学園大学学内ディベート大会が開催されます。こぞってご参加ください。

ディベート.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディベート.JPG

pagetopへ戻る

最近のブログ記事

アーカイブ

その他お知らせなど

椙山女学園大学 人間関係学部 日進キャンパス画像
椙山女学園大学 人間関係学部
〒470-0136 日進市竹の山3-2005 TEL(0561)74-1186(代) FAX(0561)73-4443
(c)2009 School of Human Sciences, Sugiyama Jogakuen University
Powered by Movable Type