Sugiyama 人間になろう

椙山女学園大学 人間関係学部ブログ

>> Home

 11月12日(土)、星が丘キャンパスにて、2022秋季ディベート交流会(全国教室ディベート連盟東海支部主催)が人間関係学部活性化事業として開催されました。

 「日本における金銭取引は紙幣及び硬貨による手段を全て廃止し、電子決済に移行すべきである。是か非か。―電子決済とは金銭取引をクレジットカード、電子マネー、デビットカードにより行うものを指す。―」という論題で交流しました。たかはま未来塾の小学生、関西創価中学の中学生、岡崎高校・東海高校・名古屋高校の高校生、名古屋大学の学生、京都大学大学院の院生、公務員・会社人・教員の社会人など50名ほどが参加しました。論題の解説を聴いたのちに、10チームにわかれ試合準備をし、午後は熱心に議論を戦わせました。優勝チーム・上位入賞チームのメンバーやベストディベーターには、椙山オリジナルグッズが贈呈されました。

IMG_5346.JPGIMG_5350.JPGIMG_5355.JPGIMG_5367.JPGIMG_5368.JPGIMG_5369.JPG

pagetopへ戻る

 11月2日(水)に、日進キャンパスにて、第六回椙山女学園大学学内ディベート大会が、人間関係学部の活性化事業として開催されました。人間関係学部の学生と吉田あけみ教授が、全国教室ディベート連盟東海支部の長谷部浩一先生をお迎えして、ディベートを楽しみました。ディベートとは何か、ディベートで培われる力等の解説を聴いたのち、大会論題の「日本は中高の制服を男女共通のデザインにするべきである。是か非か。」について、ワークシートを使って立論等を作成し、それぞれのチームが肯定側と否定側の両方の試合を経験しました。身近なジェンダー問題について、単に知識を得るだけでなく、多くの資料と向き合い、自分たちで反駁を考えたことによって、「論題に対する理解が深まった。」と話す学生がいました。ディベートは単なるコミュニケーション能力の向上だけでなく、論理的な思考力の形成にも大変効果的であること、自分事として物事を考えるきっかけになること等が確認されたイベントになりました。

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG


6.JPG

pagetopへ戻る

 10月27日(木)、人間関係学部人間関係学科の専門教育科目「人間関係の諸相B」(担当:小倉祥子)の受講者を対象に、人間関係学科の卒業生で、現在、行政書士として起業している伊藤圭子氏を講師に招き、「私の職業とライフキャリア」と題した特別講義を行いました。

 伊藤氏は、大学卒業後の留学経験や、帰国後の就職・転職といった職業キャリアについてと、その経験を基に、現在、行政書士として起業することになった経緯を、ご自身のライフキャリアと重ねてお話いただきました。

 それぞれの職場での待遇や、その職場で得たスキルのほかに、伊藤氏が20代、30代、40代、50代と年齢を重ねることで職業観が自分のためから、家族のために、そして現在は社会のためにといった変化があったというお話をしてくださいました。講義の最後には受講生に、「色々な経験を通して、自分らしい人生を!」とのメッセージをいただきました。

 受講生からは、「卒業後の職業キャリアについてイメージがわいた」や、「勉強や資格取得、趣味など、自分がやってみようと感じたことがあったら主体的に挑戦したいと思った」などの感想などが寄せられました。今回、伊藤氏のお話を伺ったことで、受講生は卒業後のライフキャリアと職業キャリアについて、具体的にイメージする、一つのきっかけになったのではないでしょうか。

1.png

2.png

pagetopへ戻る

留学生研修旅行を実施しました

| トラックバック(0)

 10月22日(土)、人間関係学部留学生と日本人チューターが「留学生研修旅行」を実施しました。尾張の小京都と呼ばれる犬山市では、「国宝犬山城」見学で歴史に触れ、和菓子作りや着付け、田楽などの郷土料理を味わうことで地元の文化を体験することができました。
 ちょうどこの日は秋祭りで、華やかな車山(ヤマ)が古い町並みを巡行しており、学生たちは着物を着て、賑わう城下町散策を楽しんでいました。日本文化を見て、食べて、体験する、和の魅力がギュッとつまった研修旅行となりました。

55DA48E8-F501-461C-BE17-BB30A167A615.jpeg

ABB621A6-AA88-4A33-95F4-D06E51155ED0.jpeg


EC7299CB-99F4-4B82-9C97-D5C29370A463.jpeg

pagetopへ戻る

 10月14日(金)、人間関係学部「ジェンダー・セクシュアリティ論B」(担当:藤原直子教授・吉田あけみ教授)において、名古屋大学医学部附属病院泌尿器科助教、NPO法人TTSファミリー代表の松尾かずな医師による「性別違和に関する医学的ケアと社会的課題について」と題した講演が行われました。SOGI(性自認・性的指向)に関する医学的な説明の後、LGBTQ+と自殺との関係について、医学的なケアの必要性と社会の側に求められている課題を中心に、ご講演いただきました。
 受講生からは、今まで学んできたことが整理でき、さらに、医療現場からのリアルな声が聞けて良かったなどの感想が寄せられました。今回の講演を通して、学生たちのマイノリティに対する意識の変容、人権意識の醸成ができたと思われます。

thumbnail_IMG_5059.jpg

thumbnail_IMG_5046.jpg

pagetopへ戻る

 10月2日(日)、8月に立教大学で開催された第27回全国中学・高校ディベート選手権(全国教室ディベート連盟主催、読売新聞社後援)の振り返り講座を、人間関係学部の活性化事業として、星が丘キャンパスで開催しました。
 高校の部は、「日本はすべての石炭火力発電を代替発電に切り替えるべきである。是か非か」という論題で戦った決勝戦を、全国優勝を果たした愛知県立岡崎高等学校と準優勝の東海高等学校の生徒たちと共に、天白達也弁護士を講師にお迎えして、3時間にわたって振り返りました。両校の他に、愛知県立千種高等学校、名古屋高等学校の生徒たちなど合計25人が参加し、来年の優勝を目指して、しっかり振り返りました。
 中学の部は、「日本は中学生以下のスマートフォンなどの使用を禁止すべきである。是か非か」という論題で戦った決勝戦を、全国教室ディベート連盟の白井輝希講師が、60枚のスライドを駆使して解説しました。東海中学校、愛知教育大学附属名古屋中学校、名古屋中学校、聖マリア女学院中学校、三重大学教育学部附属中学校、関西創価中学校の生徒たちなど合計24人が学びました。
 大学生や社会人の参加もあり、ディベートの学びと共に、論題についても深く考えることが出来ました。

IMG_5206.JPGIMG_5209.JPG

IMG_5210.JPG

IMG_5216.JPG

IMG_5219.JPG

pagetopへ戻る
8月6日(土)、7日(日)のオープンキャンパス・日進キャンパスにご来場いただき、ありがとうございました!
日進キャンパス・人間関係学部では、PR動画を作成しましたのでぜひご覧ください。
なお、6月に配信した少人数・体験型授業の様子をお伝えする動画も数が増え、パワーアップしました。人間関係学部YouTubeチャンネルもしくは以下URLの「webオープンキャンパス@NISSHIN」よりご覧ください。
<PR動画>
*人間関係学部PR動画 https://www.youtube.com/watch?v=6yyo2SopiBA
*人間関係学科PR動画 https://www.youtube.com/watch?v=4W3Il_bC-Ss
<追加された授業風景>
*人間関係学科
 ・ジェンダー・セクシュアリティをめぐる諸問題の考察
 ・メディアにおいて子ども・若者はどのように語られてきたのか
*心理学科
 ・絵本を通して、幼児期の発達を考える
 ・心理調査実習

WEBオープンキャンパス@NISSHIN
椙山女学園大学 人間関係学部 ―YouTubeチャンネル-
https://www.youtube.com/channel/UCllelPziuIb6kbNFUn84rzA
pagetopへ戻る

 7月23日(土)、24日(日)、第30回東海地区中学・高校ディベート大会<第27回ディベート甲子園東海地区予選>(全国教室ディベート連盟・全国教室ディベート連盟東海支部主催、読売新聞社・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・名古屋市各教育委員会・公益財団法人中部科学技術センター後援、椙山女学園大学協力)を人間関係学部の活性化事業として、星が丘キャンパスで開催しました。専門の医師の指導の下、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止に十分な配慮をして開催しました。
 沢山の学生や社会人の協力・応援により、大会を終えることができました。2日間で延べ200名ほどの選手・スタッフが参加し、あつい戦いを繰り広げました。愛知県立千種高等学校の先生をはじめとして、多くの見学者にもご参加いただけました。
 高校の部は、「日本はすべての石炭火力発電を代替発電に切り替えるべきである。是か非か」という論題で、愛知・岐阜・三重の8校が戦い、東海高等学校、南山高等学校女子部、愛知県立岡崎高等学校、愛知県立千種高等学校、名古屋高等学校の5校が全国大会への出場を決めました。海陽中等教育学校が奨励賞を受賞しました。
 中学の部は、「日本は中学生以下のスマートフォンなどの使用を禁止すべきである。是か非か」という論題で、愛知・岐阜・三重の9校が戦い、東海中学校、愛知教育大学附属名古屋中学校、名古屋中学校、聖マリア女学院中学校、名古屋市立浄心中学校の5校が全国大会への出場を決めました。三重大学教育学部附属中学校が奨励賞を受賞しました。
 あつい戦いを終え、選手の生徒たちは楽しい思い出とともに、全国大会や来年度の大会に向けた決意を新たにしていました。
IMG_4945.JPG


















IMG_4956.JPG










IMG_4969.JPG






















【閉会式エンディングムービー】
▶高校生の部

第30回東海地区中学・高校ディベート大会高校の部_閉会式エンディングムービー

▶中学生の部
第30回東海地区中学・高校ディベート大会中学の部_閉会式エンディングムービー

pagetopへ戻る

7/10(日)、オープンキャンパス2022の第1回目を開催しました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

*オープンキャンパスの様子をご紹介*
IMG_6686.JPG









IMG_6685.JPG


















【学科展示】
●人間関係学科
IMG_6683.JPG












●心理学科
IMG_6678.JPG














【体験コーナーの一例】
●心理学科
IMG_6673.JPG














【模擬授業】

●人間関係学科
IMG_6668.JPG













7月のオープンキャンパス、有意義な時間を過ごせましたか?

次回のオープンキャンパスは、8月6日(土)、8月7日(日)です。

皆様のお越しを、お待ちしております。

お申し込み方法等はオープンキャンパスHPをご確認ください。

WEBオープンキャンパス@NISSHIN
椙山女学園大学 人間関係学部 ―YouTubeチャンネル-
https://www.youtube.com/channel/UCllelPziuIb6kbNFUn84rzA
pagetopへ戻る

7月8日(金)、人間関係学部人間関係学科の専門教育科目「組織と人間」(担当:小倉祥子)の受講者を対象に、JR西日本の労働組合中央本部、副執行委員長の白壁靖子氏を講師に招き、「組織と人間について」と題した特別講義を行いました。
白壁氏は、労基法改正後、JR西日本の運輸部門で女性が採用されるようになり、男性職に女性が参入してきた様子や、労働組合が女性の就業継続を可能にするために企業側と交渉してきた活動などをお話いただきました。
また、白壁様ご自身が男性が多い労働組合で、中央本部初の女性役員として活動している事をお聞きし、受講生からは労働組合の専従としての具体的なご苦労についてなど質問があげられました。
受講生は、これまでの講義で労働組合運動の歴史を学んできましたが、今回、現場で活動されている白壁様のお話を伺うことで、働く人たちの組織としての労働組合を、より身近な存在だと思うきっかけになったのではないでしょうか。

image1.jpeg

pagetopへ戻る

最近のブログ記事

アーカイブ

その他お知らせなど

椙山女学園大学 人間関係学部 日進キャンパス画像
椙山女学園大学 人間関係学部
〒470-0136 日進市竹の山3-2005 TEL(0561)74-1186(代) FAX(0561)73-4443
(c)2009 School of Human Sciences, Sugiyama Jogakuen University
Powered by Movable Type