Sugiyama 人間になろう

椙山女学園大学 人間関係学部ブログ

>> Home

10月7日土曜日に、国際コミュニケーション学部棟にて、第二回椙山女学園大学学内ディベート大会が開催されました。人間関係学部の学生、吉田あけみ教授、種橋征子助教と全国教室ディベート連盟東海支部のスタッフの計36名でスマイルディベートを楽しみました。

 午前中の入門講座では「日本は、すべての大学を共学化すべきである。是か非か。」という論題のミニゲームをしたのち、大会論題の「日本は、ペットの同伴出社を認めるべきである。是か非か。」のモデルディベートを聴き、フローシートの書き方を学びました。昼食をとりながら午後の試合の準備をし、午後は、それぞれのチームが肯定側と否定側の両方の試合を経験しました。

 優勝・準優勝チームの表彰のあと、各ブロックからベストディペーターが選出され、3名のベストディペーターにも記念品が贈呈されました。

 特に社会福祉士を目指す学生にとって、「相談援助」のための聴く力の向上に大変役に立つ学びの一日となりました。

ディベート1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディベート2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディベート3.JPG

pagetopへ戻る

男女共同参画社会の実現に向けて「わたしが暮らすなら、こんな男女共同参画社会」をテーマに、「こんな社会になったらいいな」という思いをはがきに表現した作品で、人間関係学部1年の中田真衣さんが、優秀賞を受賞しました。

『社会』(吉田あけみ教授担当)の授業の「ジェンダーとセクシュアリティ」の学習の一環などとして、計200名ほどが参加した中で、中田さんの作品が選ばれました。応募総数1111名の中から最優秀・優秀の10名が選ばれたうちのひとりです。

来年度の学生たちの学習の励みにもなると思います。中田さん、おめでとうございました。

pagetopへ戻る

10月1日(日)、星が丘キャンパスにて、2017秋季ディベート交流会(全国教室ディベート連盟東海支部主催・椙山女学園大学協賛)が開催されました。「日本は、ペットの同伴出社を認めるべきである。是か非か」という論題で、東海・近畿・関東地区の小学生から社会人まで、120名ほどが参加し、熱心に議論を戦わせました。 名古屋高校の一年生らで構成されたチームが優勝し、あつい戦いは幕を閉じました。論題にちなんだ犬の箸置きや猫のぬいぐるみ等の副賞を手に学生たちは岐路につきました。今週末10月7日(土)には、椙山女学園大学学内ディベート大会が開催されます。こぞってご参加ください。

ディベート.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディベート.JPG

pagetopへ戻る

9月15日に椙山女学園大学日進キャンパスにおいて、
そのキャンパスに勤務する全教職員対象の基礎救命講習会を
開催しました。

人形を使って心臓マッサージを体験し、AEDも使用しました。

 

質問の時間には、

「何歳からAEDは使えるのか。」

「雨のときにAEDを使っても問題ないのか。」

等、積極的に質問が出ました。

 

この講習会は"もしも"に備えて、今後も意欲的に続けていくようです。

 

IMG_2513.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2512.jpeg

 

pagetopへ戻る

9月1日、2日に、来年2月に実施される社会福祉士国家試験を受験する人間関係学科の17名の学生が、

手嶋雅史先生(准教授)、小榮住まゆ子先生(准教授)、種橋征子先生(助教)と、旭高原元気村で勉強合宿を行いました。

午後1時に学校を出発し、14時30分から17時まで、過去の模擬試験を解き、現段階での力を試しました。

 

国家試験合格への道のりは厳しく、一人で黙々勉強を続けるだけでは合格できません。

同じ目標に向かう仲間と教え合い、励まし合っていくことが必要です。

合宿では試験だけではなく、仲間同士の結束を固めるために、夕方はバーベキュー、2日には2キロ余りのハイキングを行いました。

昨年度退官された、山本正和先生も応援に駆けつけてくださり、一緒にバーベキュー、ハイキングに参加してくださいました。

 

17名の学生はこの2日間を通して、模擬試験の結果に向きあい、仲間とともに国家試験に立ち向かっていく決意を固めました。

 

写真①.jpg

 

 

 

 

 

 

 

写真②.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真③.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

写真④.jpg

pagetopへ戻る

 7月16日(日)17日(月・祝)、星が丘キャンパスにて、第25回東海地区中学・高校ディベート

大会<第22回ディベート甲子園東海地区予選>(全国教室ディベート連盟東海支部・読売

新聞社主催・椙山女学園大学協賛)が開催されました。

 中学の部は「日本は小売店の深夜業を禁止すべきである。是か非か。」という論題で椙山

女学園中学校など愛知・岐阜・三重・静岡の12校が戦い、東海中学校など5校が全国大会

への出場権を手にしました。

 高校の部は「日本は企業に対する正社員の解雇規制を緩和すべきである。是か非か。」とい

う論題で、愛知・岐阜の10校が戦い、愛知県立千種高等学校など4校が全国大会への出場

を決めました。

 二日間にわたるあつい戦いを終え、選手の生徒たちは楽しい思い出とともに、全国大会や来

年度の大会に向けた闘志を胸に、帰路につきました。

IMG_0172.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0173.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0168.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetopへ戻る

女性と社会(吉田あけみ先生担当)の受講生23名が参加し、「輝くひとゾーン」で

「女性と子育て」に関する学習成果の発表を行いました。学生たちは、授業時に作

成したパネルを使って、成果を発表し、他団体やフェスティバルの参加者と共に、

ディスカッションしました。「赤ちゃんポスト設置から10年、今考える赤ちゃんポスト」

「日進市や東郷町の子ども・子育て応援プランについて考える」「保育所問題につい

て考える」の3チームに分かれて、活発な議論ができました。

自分たちの発表だけでなく、他団体の展示等も見てまわったり、「男女平等4コマくい

ず」に参加して、女性問題をはじめとする社会問題について考える1日になりました。

特に、隣の「平和について考える」のブース展示に興味関心を示した学生が、複数

おり、「『アンネの日記』を読み返してみる」と、アンネのバラで作られたバラジャムと

バラティーの香りにつつまれたスペースで、語っていた学生もいました。

 

IMG_0151.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0161.JPG

 

 

pagetopへ戻る

77日、安立奈歩准教授が、尾張旭市の思春期家庭教育学級(4回講演のうち1講座)

の講師を担当し、「子供から大人になる過程で起きる心身および家族の変化」というテー

マで講演を行いました。小学4年生から高校1年生までのお子さんをもつ保護者39名の

参加がありました。日ごろのお子さんとの会話や困っていることを、ワークを実施しながら

「ちょっと子どもに厳しすぎるかな」という反省や、「意外とわが子はバランスよく生活して

いるかも」という気づきなどを得ていただきながら、育児について共に考える時間になりま

た。

IMG_0404.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_0408.JPG

pagetopへ戻る

椙山女学園大学日進キャンパスでは、10年以上も前から続く、

藤原ゼミ(椙山サバイバル研究会)の恒例行事、七夕飾りが

1号棟2階のピロティに設置されました。早速、多くの学生たち

が七夕飾り前に集まり、それぞれの願い事を結んでいます。


この七夕飾りは、7月7日(金)まで設置です。

みなさんも是非、願い事を結んでください。

IMG_0054.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0050.JPG

 

 

 

 

 

 

 

image1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2074.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetopへ戻る

6月22日(木)、「平成29年度椙山女学園大学奨励賞 学業優秀賞」の表彰式を
行いました。この制度は、各学科2年生~4年生までの在学生の中から、前年度
の定期試験において、優秀な成績を修めた上位5%の学生を表彰するものです。
今年度人間関係学部では、33名が選出されました。
表彰式では、五百部学部長より表彰状が手渡されました。五百部学部長は、
「この賞は就職活動や大学院進学の際にも、よいアピールにもなるので、今後
も学業や大学生活に励み、来年もまた受賞できるよう努力してください。」と、
お祝いの言葉が送られました。

IMG_3846.JPG

pagetopへ戻る

最近のブログ記事

アーカイブ

その他お知らせなど

椙山女学園大学 人間関係学部 日進キャンパス画像
椙山女学園大学 人間関係学部
〒470-0136 日進市竹の山3-2005 TEL(0561)74-1186(代) FAX(0561)73-4443
(c)2009 School of Human Sciences, Sugiyama Jogakuen University
Powered by Movable Type