Sugiyama 人間になろう

椙山女学園大学 人間関係学部ブログ

>> Home

1017日(水)4限・5限のケースメソッドⅣ(吉田あけみ先生担当)において、

「ドラマケーションで殻破る―いつでも・どこでも・誰でも・楽しく!―」と題し

た演劇のワークショップを、+new Companyの金井麻衣子さんと松本稽古さんに実

施していただきました。 

「バースデーリング・挨拶回しハイタッチ・挨拶返し等様々なアイスブレークの

のちに、聴く姿勢や話す姿勢によって変わる「コミュニケーション」を体感しま

した。そののちに、4コマ漫画を起承転結を考えて表現したり、3分間ドラマを

つくりあげたりしました。登場人物の関係性に注目し、「人間関係」を意識して

つくりました。学生達は、これらのワークを通じて、チームワークの大切さ、コ

ミュニケーションの重要性などを学ぶことができました。

IMG_1077.JPG

IMG_1079.JPG

pagetopへ戻る

10月6日に東郷町町民会館ホールで開催された映画会(東郷町男女共同参画事業) のロビーに、

演習Ⅲ(吉田あけみ教授担当)で受講生が作成した映画に関するポスターが飾られました。上映映

画「ドリーム」にちなんだ「公民権運動」と「第二波フェミニズム」の解説ポスターです。

映画に先立って、吉田あけみ教授が「理系分野における女性の活躍促進」と題した講演をおこな

いました。台風にともなう雨の中にもかかわらず、300名以上の町民の方々がご参加ください

ました。

IMG_1037.JPG

pagetopへ戻る

男女共同参画社会の実現に向けて「わたしが暮らすなら、こんな男女共同参画社会」をテーマに、「こんな社会になったらいいな」という思いをはがきに表現した作品で、人間関係学部人間関係学科2年の大隅千歌さんと心理学科2年の河村瑞紀さんが、優秀賞を受賞しました。

『社会』(吉田あけみ教授担当)の授業の「ジェンダーとセクシュアリティ」の学習の一環などとして、計150名ほどが参加した中で、お二人の作品が選ばれました。昨年は、200名ほど参加した中で一名が選ばれましたので、昨年に引き続いての快挙です。

来年度の学生たちの学習の励みにもなると思います。大隅さん、河村さん、おめでとうございました。

pagetopへ戻る

830日㈭ 人間関係学科4年生19名と手嶋雅史先生で決起集会を行いました。

来年2月の社会福祉士国家試験に向け、まずは自身の実力を確認するため、模擬テスト(過去問題)を実施。

午前と午後、合わせて19科目150問を解きました。

模擬試験の後は、お楽しみ企画としてボーリング大会を開催!

これから一緒に戦っていく(勉強していく)仲間との結束力を強めるため、チーム戦で戦いました。

育児休暇中の小榮住まゆ子先生も、応援に来てくださり、大変盛り上がりました。

ボーリングの後は、模擬試験の自己採点。

自分の実力を確認したところで、これからの勉強方法について、

手嶋先生からアドバイスをいただきました。

一人で勉強していくのではなく、わからない問題は仲間と共有しながら、

全員での合格を目指す!との先生の心強い言葉に、

新たに気合が入ったのではないでしょうか。

pagetopへ戻る

 7月14日(土)15日(日)、星が丘キャンパスにて、第26回東海地区中学・高校

ディベート大会<第23回ディベート甲子園東海地区予選>(全国教室ディベー

ト連盟東海支部・読売新聞社主催・椙山女学園大学協力)が開催されました。

椙山女学園大学大学院人間関係学研究科の学生や椙山女学園高等学校の先生

をはじめとする多くの学生や社会人の協力により、大会を終えることができ

ました。

 高校の部は、「日本は国会を一院制にすべきである。是か非か」という論

題で、愛知県立千種高等学校、愛知県立岡崎高等学校、三重県立桑名高等学

校、聖マリア女学院高等学校、愛知県立西春高等学校、愛知県立刈谷北高等

学校など、愛知・岐阜・三重の14校が戦い、4校が全国大会への出場を決め

ました。

 中学の部は、「日本はすべての飲食店に対して、店内での全面禁煙を義務

付けるべきである。是か非か」という論題で、名古屋市立浄心中学校、高浜

市立高浜中学校など、愛知・岐阜・三重・静岡の11校が戦い、5校が全国大

会への出場を決めました。

 二日間にわたるあつい戦いを終え、選手の生徒たちは楽しい思い出ととも

に、全国大会や来年度の大会に向けた闘志を胸に、帰路につきました。

IMG_0793.JPG

IMG_0797.JPG

IMG_0802.JPG

IMG_0812.JPG

IMG_0819.JPG

pagetopへ戻る

7/8(日)、オープンキャンパス2018の第1回目を開催しました。

日進キャンパスには 422名(同伴者を含む)にお越しいただきました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!



*オープンキャンパスの様子をご紹介*

受付.JPG
装飾.JPG

ラララを見つけましたか?

【学科展示】

●人間関係学科

学科展示(人間)3.JPG

●心理学科

学科展示(心理).JPG

【体験コーナー】

●人間関係学科

体験(人間) さをり織り1.JPG

「さをり織り」体験

体験(人間)ジェンダー3.JPG

「ジェンダーについて考えてみよう」

●心理学科

体験(心理)スクイッグル4.JPG

芸術療法体験(スクイッグル)

体験(心理)心理検査.JPG

「心理検査」体験

【模擬授業】

模擬授業1(人間)3.JPG

●人間関係学科
佐川先生による模擬授業
「学校と居場所~自分らしい生き方を考える~」

模擬授業2(心理)7.JPG

●心理学科
鈴木先生による模擬授業
「自分ってどんな人なんだろう?~自己理解から始めるセルフケア~」

【相談コーナー】

相談コーナー(人間)3.JPG
相談コーナー(心理).JPG


本日のオープンキャンパス、有意義な時間を過ごせましたか?

集合写真3.JPG

次回のオープンキャンパスは、8月11日(土)です!
皆様のお越しを、お待ちしております。

pagetopへ戻る

 7月7日に日進市民会館で開催された「にっしんわいわいフェスティバル」の『輝くひとゾーン』の男女共同参画のブースに「すぎちゃん」として、演習Ⅲ(吉田あけみ教授担当)の学生が参加しました。
 「若者の就労支援の現状と課題」と「セクシュアル・ハラスメントの防止」について、授業時にディスカッションした結果を中心に発表し、男女共同参画の啓発を行いました。
 七夕の日でしたので、笹を描いたボードに「セクシュアル・ハラスメントを防ぐために必要なこと」を来場者に短冊に書いてもらい、その短冊を貼ってもらいました。ボードの笹が隠れるぐらいに沢山の意見が寄せられました。寄せられた意見を、次の授業時に分析し、さらなる学びにつなげていきます。

IMG_0750.JPG

IMG_0761.JPG

IMG_0762.JPG

IMG_0764.JPG

IMG_0765.JPG

IMG_0768.JPG

pagetopへ戻る

 NPO法人ひろしま女性NPOセンター未来が募集した「男女共同参画社会づくり川柳」の特別賞と優秀賞を本学部の学生が受賞しました。『社会』(吉田あけみ教授担当)の授業の「ジェンダーとセクシュアリティ」の学習の一環などとして、本学部から150名ほどが参加した中で選ばれました。全国からの応募2000句あまりの中から、16名が選ばれたうちの3名です。表彰式は、6月23日エソール広島にて行われます。受賞作品は以下の通りです。梅本さん、竹田さん、松永さん、おめでとうございました。

特別賞「男女とも どんな仕事も 就ける世へ」梅本奈実さん(心理学科、一年)

優秀賞「夫婦でね 助け合うこと すてきだね」竹田ひなさん(人間関係学科、三年)  

優秀賞「ちょっとした 優しさ一つ 杖になる」松永蘭さん(人間関係学科、一年)

pagetopへ戻る

 5月27日(日)、星が丘キャンパスにて、中学・高校ディベート甲子園の「論題研究会」「練習試合」「引率者向け講座」が、人間関係学部の活性化事業として開催されました。
 中学の部では「日本はすべての飲食店に対して、店内での全面禁煙を義務付けるべきである。是か非か」という論題について、全国教室ディベート連盟会員の弁護士・天白達也さんから、解説を伺いました。高校の部では「日本は国会を一院制にすべきである。是か非か」という論題について、全国教室ディベート連盟監事・論題検討委員・元衆議院議員政策担当秘書の渡辺徹さんから、解説を伺いました。中学生・高校生とも、論題解説を受講したのち、練習試合を行いました。椙山女学園高校をはじめとする東海地区の学校から、合計140名ほどの生徒・先生が集まり、しっかり論題について学ぶことができました。
「引率者向け講座」では、愛知県立岡崎高校、愛知県立刈谷北高校をはじめとする愛知県・三重県の高校や中学の先生方が、前全国教室ディべート連盟理事長・金城学院大学名誉教授の二杉孝司さんから、「10のディベートで身につくこと」の講義を受けました。

IMG_0666.JPG

IMG_0668.JPG

IMG_0669.JPG

IMG_0670.JPG

pagetopへ戻る

 5月26日(土)椙山女学園高校の「椙山女学園大学の先生による土曜講座」第一回が開催されました。その一時限目に、本学部教授吉田あけみが「ディベート入門」を実施しました。ディベートの簡単な説明ののち、準備をして「日本は2月⒕日を祝日にすべきである。是か非か。」という論題で、一年生が戦いました。企業の立場、労働者の立場、生徒の立場、教師の立場等、多角的な視点で議論することができました。

IMG_0659.JPG

IMG_0660.JPG

IMG_0661.JPG

pagetopへ戻る

最近のブログ記事

アーカイブ

その他お知らせなど

椙山女学園大学 人間関係学部 日進キャンパス画像
椙山女学園大学 人間関係学部
〒470-0136 日進市竹の山3-2005 TEL(0561)74-1186(代) FAX(0561)73-4443
(c)2009 School of Human Sciences, Sugiyama Jogakuen University
Powered by Movable Type