Sugiyama 人間になろう

椙山女学園大学 人間関係学部ブログ

>> Home

平成29年1月20日(10:50より)2号棟401教室で、山本教授の最終講義が行われた。

山本教授は参集した学生、卒業生、教職員を前にして約1時間に渡って自らの学究

としての足跡を2点に集約して語られた。

 一つ目は研究者への道に進まれた経緯と家族親族研究という方向に研究の報告を

定められた経緯についてのお話である。1960年代末の大学闘争最中の時代に大学

生活を始められ、運動に参加しながらも政治と日常生活のギャップに悩まれたこと、

そのことが学問の世界に入って行かれた契機であったこと、さらに学問の恩師である

松本通晴先生や本学部の先輩でもある鈴木俊道先生らの名を挙げられながら、当時

の調査エピソードを交えながら、農村社会学から同族研究へと導かれて行き現在に至

る経緯を語られた。

 二つ目は本学に就任後に引き受けられた家裁の調停委員としての活動経験につい

てのお話である。家裁での調停経験では学問的研究では知り得ない現実の家族関係

の様相をつきつけられたこと、そのことが自分の現在の研究に大きな影響を与えてい

ることを語られた。最後に、この家裁での経験を授業を通して学生に伝えたいという思

いでこれまで授業に臨まれてきたことを語られて講義を終えられた。

 最後に人間関係学科主任の吉田あけみ教授および卒業生より、花束が贈られた。

懐かしい卒業生の顔も見られ、山本教授の人柄にふさわしい和気あいあいとした最終

講義であった。進行役は本学部の田村が担当した。

                                                              (文責:人間関係学部教授 田村雅夫)

IMG_3479.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3481.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3490.JPG

 

 

 

 

 

 

pagetopへ戻る

 平成29年1月19日(9:10より)2号棟403教室で、加藤主税教授の最終講義が行われた。

講義は第一部 「コトバ生態学」のまとめ、と第二部学外活動の思い出の二部構成。第一部

では、加藤教授ならではのコトバの観察事例が紹介された。

 たとえば、再帰代名詞として私たちが習った 「myself」、 「yourself」(所有格+selfの形)は、

実は 「meself」、 「youself」(目的格+self)との間の戦いに勝ち残ったものである。一方、

「himself」においては、「目的格+self」の形が、「所有格+self」の形 「hisself」に勝ち残った

のだ、という興味深い「コトババトル」のお話をしていただいた。

 第二部学外活動の思い出は、(1)テレビ、ラジオレギュラー出演、(2)連載エッセイ、(3)連載中

のエッセイ、(4)著書一覧、(5)著書関係、(6)著書以外、(7)その他、(8)講演、(9)趣味関係、の

9種のカテゴリーに分類されており、その中で思い出に残った著書『死語辞典』は、海外でも大

きく取り上げられたとのことであった。また、「携帯中毒」からできた「ケーチュー」は、New York

Timesから取材が来るほど話題になったなどの、楽しいお話を聞くことができて、100名近い聴

衆は、感心していたようである。

最後に人間関係学科主任の吉田あけみ教授より、花束が贈られた。司会は本学部の平野。

楽しい1時間だった。

                                 (文責:人間関係学部教授 平野順雄)

IMG_3454.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3469.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3474.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetopへ戻る

1月12日、19日の2日間、心理学実験の後期課題発表会が行われました。心
理学科2年生が数人ずつ16組に分かれ、各組が自分たちで研究テーマを設定し、
前期の実験の授業での学びをベースに半期かけて研究した成果を学会形式で順に
プレゼンしました。時期柄、体調が万全でない人もいたようですが、心理学科2
年生と実験の指導教員、それに前後期の授業を通してTAとしてサポートしてくれ
た大学院生が全員参加しました。

研究テーマは多岐にわたり、綿密な実験研究、フィールドでの観察研究、あるい
はアンケート項目を作成しての調査研究など、多様な方法を用いて行われた研究
の発表が続きました。アイディアとチームワークと、そして努力の結晶といえま
す。発表者とフロアの間でも活発な討論があり、最終的に指導教員8名による評
価で、今回は「写真による印象形成と文字による印象形成の違い」と「CMの好
ましさの形成要因--音と映像の比較--」の2つの研究が優秀賞に選ばれました。こ
れらに劣らぬ評価のユニークな研究も多く、今回も中身の濃い発表会とな
りました。

IMG_3450.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3439.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3436.JPG

 

 

 

 

 

 

 

pagetopへ戻る

1月18日の相談援助の基盤と専門職Ⅱ(手嶋雅史准教授担当)、ソーシャル

ワークⅢ(小榮住まゆ子准教授担当)の授業に、ゲストスピーカーとして八尾

市地域包括支援センターホーム太子堂(大阪府)の管理者兼主任介護支援

専門員として働く多久島慎一さんにお越しいただき、高齢者福祉分野で活躍

するソーシャルワーカーの役割やいわゆる「ゴミ屋敷」といった環境で暮らす

高齢者の支援など実際の援助のプロセス、ご自身の成年後見人としての活

動などについてお話しいただきました。高齢者福祉の仕事というと施設内で

の介護の仕事と思われがちですが、高齢者がいつまでも住み慣れた地域で

暮らし続けられる地域づくりも高齢者福祉分野のソーシャルワーカーの担う

役割であるという話に、とりわけ、来年度に相談援助実習を控える2年生の

学生さんは熱心に聞き入っていました。

ソーシャル.jpg

pagetopへ戻る

12月17日(土)、人間関係学部合格者を対象とした入学前スクーリングを行いました。

入学前スクーリングとは、入学前に行っておくべき学習準備などについてアドバイスを

行い、スムーズに大学生活がスタートできるようにするためのものです。今回は、11月

までの本学入学試験での合格者を対象に実施しました。

当日は、多くの入学予定者が参加し、4月から始まる大学生活に向けて、各学科の学

びを体験しました。

IMG_3349.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3389.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3370.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3358.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetopへ戻る

             

                                              2016年12月16日

各位

 

                                      世話人 人間関係学部

                                             杉藤重信

                                             吉田あけみ

                                             田村雅夫

                                             平野順雄

             

         人間関係学部 山本正和先生の最終講義のご案内

 

 

 人間関係学部人間関係学科の山本正和先生が、本年度をもちましてご定年に

より退職されます。

 つきましては、下記の要領で最終講義を公開いたしますので、ご関係の皆さま

方には、ご出席賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 

                      記

 

 

日時: 2017年1月20日(金)10時50分から11時50分

 

場所: 人間関係学部(日進キャンパス) 2-401教室

 

演題: 「家」から「家族」へ ―日本家族のゆくえ―

 

                                               以上

pagetopへ戻る

                                      2016年12月16日

 

各位

 

                                  世話人 人間関係学部

                                        杉藤重信

                                        吉田あけみ

                                        平野順雄

                                        田村雅夫

 

 

        人間関係学部 加藤主税先生の最終講義のご案内

 

 

 人間関係学部人間関係学科の加藤主税先生が、本年度をもちましてご定年に

より退職されます。

 つきましては、下記の要領で最終講義を公開いたしますので、ご関係の皆さま

方には、ご出席賜りますよう、お願い申し上げます。

                       

 

                      記

 

 

日時: 2017年1月19日(木)9時10分から10時40分

 

場所: 人間関係学部(日進キャンパス) 2-403教室

 

演題: 教師人生の思い出

 

                                              以上

pagetopへ戻る

12月6日(火)、日進市との連携事業として、日進北中学校で全校生徒に向けて

「デートDV防止講座」をしました。吉田あけみ教授と種橋征子助教と人間関係

学科の学生9人で、講座をしました。学生たちが作ったパネルも展示しました。

生徒たちもワークに真剣に取り組んでいました。

IMG_3487.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3486.JPG

 

 

 

pagetopへ戻る

12月3日(土)、人間関係学部開設30周年を記念し、記念講義と交流パーティが行われました。

今年度で定年退職をされる山本正和先生をはじめ6名の先生による記念講義では、多くの卒業

生や在学生が参加し、どのクラスも大変和やかな雰囲気で講義が行われました。

その後、ビュッフェ形式で行われた交流パーティでは、恩師や旧友と過ごす楽しいひと時となりま

した。

IMG_3089.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3140.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3157.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3199.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetopへ戻る

平成28年12月3日(土)、「にっしんわいわいフェスティバル」が開催され、人間関係学部

吉田あけみ教授のゼミ生がブース出展を行い、日ごろの学習・研究の成果を発表しました。

吉田ゼミは女性と社会・現代社会における女性の人権問題・国際社会におけるジェンダー

問題・映画で見るジェンダー等、女性とジェンダーに関わる問題を広く研究しています。この

フェスティバルでは、日進市が男女平等な社会の実現に向け、市民に広く男女平等意識を

啓発するため、関連団体と市が連携して開催するイベントや、人権問題に関するイベント、

環境問題に関するイベントなどを開催しています。吉田教授が日進市の男女平等推進審議

会の会長をつとめているため、吉田教授の担当科目の学生たち合計31名の学生が参加しま

した。「飛び出せキャンパス」というブースに出展し、近隣の大学でジェンダー問題や環境問題

を研究している学生たちと交流することが出来ました。

 

IMG_3468.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3480.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3466.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetopへ戻る

最近のブログ記事

アーカイブ

その他お知らせなど

椙山女学園大学 人間関係学部 日進キャンパス画像
椙山女学園大学 人間関係学部
〒470-0136 日進市竹の山3-2005 TEL(0561)74-1186(代) FAX(0561)73-4443
(c)2009 School of Human Sciences, Sugiyama Jogakuen University
Powered by Movable Type