Sugiyama 人間になろう

椙山女学園大学 人間関係学部ブログ

>> Home

 2月7日(水)、社会福祉士を目指す人間関係学科の3年生(19名)による実習報告会が行われました。
 実習先の領域別に分かれた4グループがそれぞれ1か月間の実習で学んだことを報告しました。来年度、再来年度に実習を控えた1,2年生は熱心に報告を聞いていました。
 報告会にはお忙しい中、実習でお世話になった、ゆたか希望の家、むつみグリーンハウス、ひかりのさとファーム、ひまわりの風、障がい者支援施設むもん、堀田デイサービスセンター、キッズサポートセンター千兵衛、中川区障害者基幹相談支援センターの実習指導者の方にもお越しいただき、報告についてご助言をいただきました。ありがとうございました。
 報告会終了後は、3年生が主催した茶話会が行われました。学年ごとに分かれて、1年生にはゲームを通して交流し、学生生活等についてアドバイスをしたり、2年生には実習に対する悩みや不安に応えていました。

◎IMG_4328.JPG

◎IMG_4346.JPG

pagetopへ戻る

 2月1日(木)、人間関係学科・心理学科の4年生による、卒論発表会が行われました。
1人10分の持ち時間の中で、学生達は苦労して仕上げた自身の研究を発表・質疑応答を行いました。
 発表会の後は、講評や懇親会が開かれ、緊張から解放された学生達の表情も笑顔となり、達成感が感じられました。
 4年生の皆さん、本当におつかれさまでした!

IMG_4247.JPG

IMG_4262.JPG

IMG_4276.JPG

IMG_4282.JPG

IMG_4298.JPG

pagetopへ戻る

 1月11日と18日の2日間、平成29年度の心理学実験の研究発表会が行わ
れました。心理学科2年生が数人ずつの16クラスに分かれ、前期で学んだ心理
学研究の基礎にもとづいて、それぞれが選んだテーマごとに半期かけて研究が行
われ、その成果が学会形式でプレゼンされました。TAとして各クラスの研究をサ
ポートした臨床心理学領域の大学院生が運営に携わり、発表者とフロアとで例年
以上に活発な討論が行われました。興味深い内容や洗練されたプレゼンには期待
以上のものがありましたが、実験担当教員8名の評価結果により、「印象形成~
顔と声でどれだけ印象は変わるか~」と「異性の存在が女子生徒の対人距離に及
ぼす影響」の2つの研究がとくに高い評価を得て優秀賞を受賞しました。科学と
しての心理学研究には苦しく辛い面もありますが、楽しさの体験を活かしてほし
いと思います。

IMG_4189.JPG

IMG_4195-1.JPG

IMG_4208.JPG

IMG_4223.JPG

IMG_4205.JPG

pagetopへ戻る

 1月21日日曜日に、現代マネジメント学部棟にて、第13回LLGオープンディベート大会(LLGディベート同好会と全国教室ディベート連盟東海支部主催、人間関係学部活性化事業)が開催されました。東海地区の中学生、高校生をはじめ、椙山高校や松本深志高校の先生など、社会人も参加されました。
 「日本は、統合型リゾート(IR)の整備を促す法案(カジノ解禁法案)を導入すべきである。是か非か」という論題で、ディベートを楽しみました。午前中は名大生、名工大生、岐阜大院生、会社員、医師などからなる全国教室ディベート連盟東海支部スタッフの即席チームが、モデルディベートを披露し、そののちにチームに分かれて、試合準備をしました。午後は、各チームが肯定側・否定側の両サイドで予選を戦った後に、予選一位と二位のチームで決勝戦をしました。
 初めてディベートを学んだ社会人の方からは、「思った以上に楽しく、あっという間の一日でした。」という感想が聞かれました。
 現代社会で議論されている旬な話題を、ディベートという手法で議論することによって、大人も子どもも社会問題に興味関心を持ち続けてもらえるといいと思いますし、この大会がそれらの一助になれば喜ばしいと感じた一日でした。

IMG_0483.JPG

IMG_0494.JPG

pagetopへ戻る

12月16日(土)、人間関係学部合格者を対象とした入学前スクーリングを行いました。

入学前スクーリングとは、入学前に行っておくべき学習準備などについてアドバイスを

行い、スムーズに大学生活がスタートできるようにするためのものです。今回は、11月

までの本学入学試験での合格者を対象に実施しました。

各学科に分かれ、学科特有の人間関係トレーニングやパーソナル・スペースの体験が

行われました。

IMG_4149.JPG

IMG_4158.JPG

IMG_4162.JPG

IMG_4166.JPG

pagetopへ戻る

留学生研修旅行を実施しました

| トラックバック(0)

11月25日(土)~26日(日)に、留学生と日本人学生が交流を深めることを目的とした、

研修旅行を実施しました。今年は京都府と奈良県へ行き、人間関係学部の留学生2名、

文化情報学部の留学生1名、人間関係学部の日本人学生3名が参加しました。

京都や奈良の歴史や伝統文化に触れることで、日本への理解・学習意欲を深めると共に、

留学生が普段生活していく上で分かりにくい日本語を教えあうなど、充実した2日間となり

ました。

HKHW4092.JPEG

DVXU9225.JPEG

EDDC8229.JPEG

pagetopへ戻る

 12月13日(水)4限・5限のケースメソッドⅡ(吉田あけみ先生担当)において、「ドラマケーションで殻破る―いつでも・どこでも・誰でも・楽しく!―」と題した演劇のワークショップを、+new Companyの金井麻衣子さんと松本稽古さんに実施していただきました。今年は、受講生が多かったこともあり、現代マネジメント学部3年の松本稽古さんの振り付けの教え子の学生さんにも協力してもらいました。 様々なアイスブレークののちに、聴く姿勢や話す姿勢によって変わる「コミュニケーション」を体感しました。そののちに、4コマ漫画を起承転結を考えて表現したり、3分間ドラマをつくりあげたりしました。登場人物の関係性に注目し、「人間関係」を意識してつくりました。学生達は、これらのワークを通じて、チームワークの大切さ、コミュニケーションの重要性などを学ぶことができました。

IMG_0392.JPG

IMG_0397.JPG

pagetopへ戻る

 11月15日(水)と22日(水)4限のケースメソッドⅡ(吉田あけみ先生担当)において、「身体表現による自己表現」
と題した日本舞踊の授業を、五條美佳園先生と五條園美先生に実施していただきました。
2回のお稽古で「さくら、さくら」を踊れるようになり、扇の扱いもうまくなりました。
 学生達は、身体表現による舞台芸術におけるチームワーク、コミュニケーション、他者への配慮の重要性などを
群舞を体験することによって学ぶことができました。また、身体を使って自分を表現し、感情や情景を観客に伝える
ことの難しさ・楽しさも学びました。さらに、着物の着付け、たたみ方なども学びました。

IMG_0358.JPG

IMG_0370.JPG

pagetopへ戻る

 人間関係学科で相談援助演習Ⅳ(種橋征子先生担当)を履修する学生たちが、11月の児童虐待防止強化
月間、11月12日~25日の「女性に対する暴力をなくす運動」にちなみ、児童虐待防止、DV防止の啓発活動
をしました。
 学生たちは、授業時に作成したパネルを使って、児童虐待やDVの現状説明や相談窓口を紹介し、お手製の
オレンジリボン(児童虐待防止啓発のマーク)とパープルリボン(女性に対する暴力根絶のシンボル)の配布
とバルーンアートを作成しました。当日は冷たい風が吹く寒い1日でしたが、おまつりに来られた多くの方々が
関心を持って話を聞いて下さり、日頃の勉強の成果を発揮することができました。

日進市産業まつり1.jpg

日進産業まつり2.jpg

日進産業まつり3.jpg

pagetopへ戻る

10月31日に新しい自転車に交換しました。

以前の自転車より一回り大きくなり、荷物かごの容量も多くなりました。

交換してすぐに半数以上の自転車が利用され、本日も多くの学生に貸し出しをしています。

今後も多くの学生が自転車を通じて、多くの仲間を作り学生生活が充実してくれることを期待しています。

自転車.jpg

自転車2.jpg

自転車3.jpg

pagetopへ戻る

最近のブログ記事

アーカイブ

その他お知らせなど

椙山女学園大学 人間関係学部 日進キャンパス画像
椙山女学園大学 人間関係学部
〒470-0136 日進市竹の山3-2005 TEL(0561)74-1186(代) FAX(0561)73-4443
(c)2009 School of Human Sciences, Sugiyama Jogakuen University
Powered by Movable Type